経営統合実務ご担当者へ

円滑な統合を進めるコミュニケーション戦略の立案と実行をサポートします

■ステークホルダーの納得こそ成功の秘訣
成長戦略の新たな主役として急速に増加するM&A。しかし、その成功率は意外に低いものです。失敗の原因は、第一に戦略的な位置付けの甘さ、第二に統合マネジメントの不在あるいは不足にあります。
ケイズワークは、統合マネジメントの中でも社外・社内のコミュニケーションを重要視し、様々なプロジェクトに関わってきました。それは適切なコミュニケーションによるステークホルダー――顧客、社員、株主、取引先の「納得」こそ、統合の果実をもたらすために不可欠の要素だからです。

■統合コミュニケーションの3つの領域
第一の領域は、統合で生まれた新たな企業が向かう方向を指し示すビジョンを創造し、あらゆるステークホルダーに伝え、共有をはかる「ビジョナリーコミュニケーション」です。
第二の領域は、統合タスクフォースを効率的に運営し、戦略シナリオ、ビジネスプロセスの見直しと資源再配置を迅速に検討・決定する「タスクフォースコミュニケーション」です。
第三の領域は、業務現場が意思を共有し、力を出し合うための「オンサイトコミュニケーション」です。私たちが、ややもすると軽視されがちなこの領域に注目するのは、組織を通じてなされるオフィシャルコミュニケーションだけでなく、異なる組織文化からやってきた社員同士がお互いの「際を交える」ノンオフィシャルコミュニケーションが企業文化のベースを支えているからです。第一、第二領域のコミュニケーション目的は、この第三の領域で最終的に実現すると言っても過言ではありません。

communication02.jpg

■統合コミュニケーションのメニュー
ケイズワークは、以上のような多角的な視点から、統合コミュニケーションの戦略を策定し、その実行をサポートします。サービスメニューは次のようにコミュニケーションレベルとサービスカテゴリーによって体系化されており、お客様との綿密な協議によってムダのないサービスの組み合わせを可能にしています。

料金体系やサービスの詳細については、別途に資料もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

communication01.jpg

■主要実績
・総合商社系子会社5社統合におけるビジネスコンセプトの開発とコミュニケーションツールの制作
・総合商社2社の同一部門統合におけるインナーコミュニケーション支援及びブランディングサポート
・大手金融企業の統合における社員のモチベーション維持を目的とするインナーコミュニケーション支援 等

【お問い合わせ先】
●電話・ファクスによるお問い合わせ
 株式会社 ケイズワーク 
 〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1 ランジェ青山812 
 電話:03-5775-2931 FAX:03-5775-2932