ケイズワークについて

ケイズワークのビジョン
経営の意志と働く人々の希望を結び合わせ、未来を語り合う組織を創り出す
ケイズワークが提供する価値
明確な問題定義
問題の表層に捕われず、その本質を探索・定義することで解決プロセスを導き出します。
最適な業務工程
実績ある解決手法をさらにカスタマイズすることで解決プロセスの生産性を高めます。
持続的な支援
プロジェクトのすべての工程においてお客様の直面する困難にともに立ち向かいます。
当社の提供するサービスは多くの場合、情報の流通や知識の共有という目に見えない領域にかかわります。それゆえに、私たちはコンサルティングや制作業務において、取り組むべき問題や業務プロセスを可能な限り可視化してお客様に開示し、進捗と効果を共有していただくよう心がけています。
ケイズワークの信条
未知とは機会である
岐路に立った時には、たとえ困難でも未知のより多い方を選ぶ
顧客とは源泉である
お客様はかけがえのない知の源泉であり、次に利益の源泉である
学習とは共有である
どんな仕事でも必ず何かを発見し、学習し、仲間と共有する
私たちの携わる仕事はその性格上、一方的な受託業務ではなく、お客様との共同作業となることが多いのです。相互の信頼関係を創り出していく上でも、ケイズワークが組織として目指す信条を公表することが重要であると考え、ここに掲げました。これが私たちの立脚点であり、行動原理です。