菊地史彦 著 『「若者」の時代』

(オビコピー) 痛切な戦後史 若者たちは、社会から何を求められ、いかに遇されたのか。 彼らは、どのような栄光と失意と屈辱を体験してきたのか。 復興期から高度成長期、停滞期を経て格差の時代へ―― 歌謡曲、映画、記録、TVド […]

続きを読む →

菊地史彦 著 『「幸せ」の戦後史』

戦後、私たちは何を求め、生きてきたのか。 豊かさと信じたものは、果たして何だったのか。 家族・自己・労働に焦点を当て、歌、映画、小説から仕事、暮らし、性、さらには宗教、アニメまでを題材に、敗戦から3.11までの60余年の […]

続きを読む →